×閉じる

×閉じる

2020年1月21日 松本 雄貴

コンサルタントコラム [#マーケティング]

美容室最新LINE活用事例!~予約のやり取りだけでLINEを活用する時代は終わり?~

皆様、こんにちは。
いつもご愛読いただきありがとうございます。

 

今回は「美容室最新LINE活用事例!~予約のやり取りだけでLINEを活用する時代は終わり?~」に関してお話させていただきます。

 

最近、LINEを活用してお客様とやり取りをしている美容室が増えてきました。
しかし、その多くの活用法は

・予約の確認・変更でのやり取り
・キャンペーンの告知をすべてのお友達に送信
・本日の空き情報の告知

などがあてはまるのではないでしょうか?

 

今回は、LINEでできる最新One to Oneマーケティングのポイントをお伝えします。

①お客様を属性分け!お客様一人ひとりの好みに合わせた情報の自動配信
②リッチメニューのフル活用!お客様に合わせたリッチメニューの作り方

◆より詳しく知りたい方はこちら◆


◇━┓————————————————————–
┃1┃お客様を属性分け!お客様一人ひとりの好みに合わせた情報の自動配信
┗━┛————————————————————–
 LINEを活用したMAツールを導入すると、お客様を属性分けすることができるようになります。
例えば、利用メニューの履歴(カットやカラーなど)、基本データ(性別・年齢)など。
つまり、20代の女性で良くカラーメニューを利用するお客様に向けてキャンペーンを発信したり、ケアメニューを利用したお客様には家でできる簡単なホームケアの方法を配信したり。
お客様一人ひとりの好みに合わせて情報を配信することができます。
しかし、毎回一人ひとりのお客様を選んで内容を考えて配信するのはなかなか大変ですよね?
この作業を自動でやってくれる仕組みがあります!
◆是非知りたい方はこちらから◆


◇━┓————————————————————–
┃2┃リッチメニューをフル活用!お客様に合わせたリッチメニューの作り方
┗━┛————————————————————–
先ほどご紹介した要領でリッチメニューもお客様に合わせて変えることができます。
つまり、カットのみをよく受けられるお客様にはヘアスタイルの情報が得られるようにリッチメニューをカスタマイズする。
カラーを良く受けられるお客様にはリッチメニューからカラースタイルのみを投稿しているInstagramにリンクさせる。
など、使い方が広がります。
リッチメニューには、Instagram・ポータルサイト・店販商品のページなどのリンクを掲載するとお客様が欲しい情報が手軽に手に入る環境を整備することができます。

実際の事例が気になる方
ブログには掲載できない画期的な活用法などまだまだあります。 
もう少し詳しい話が聞きたい!
という方に朗報です!

船井総研主催!
美容室最新デジタルマーケティングセミナー2020
を開催いたします。

【開催概要】
開催日:2020年2月3日(月)
 時間:10:30~12:00
 会場  船井総合研究所 五反田オフィス

◆セミナー詳細はこちらから◆


■下記一つでも当てはまる方はオススメ!
□ 新規集客比率が10%を切っている
□ 新規客平均単価が低く悩んでいる
□ ポータルサイト頼みの集客になっている
□ 新規一人当たり集客コストが5,000円以上である
□ ウリにしたいメニューや商品が明確に決まっていない
□ スタッフの退職に応じて、売上が大きく下がる
□ 昨年よりも売上・客数が減少している
□ 成長するために、何から手をつけて良いか分からない
□ いろいろやっているが、成果に結びつかない

著者情報

  • 松本 雄貴

    ヘアエステチーム

    関西大学卒業後、船井総合研究所に入社。住宅不動産業界・医療業界でのコンサルティングを経て、現在は美容室のコンサルティングに特化する。 WEB集客・SNS集客を得意とし、中でも美容系ポータルサイトを活用した新規集客は全国トップクラスの実績を持つ。また、顧客心理を知り尽くしたリピート戦略でサロンの生涯顧客創りに大きく貢献している。   もっと見る