×閉じる

×閉じる

2020年6月22日 日坂 大起

コンサルタントコラム [#デジタル #ライフスタイル #コロナ対策]

美容室経営エステサロン経営 アフターコロナで変わるのはデジタル対応

こんにちは、船井総合研究所の日坂です。
いつもありがとうございます。

先日他県への移動自粛も解除され徐々に平常時にもどりつつある
世の中ですがコロナによってライフスタイルが大きく変わったポイントの
1つにデジタル対応があります。

有事の際、ライフスタイルは急激に変化をむかえ
東日本大震災の際にスマートフォンやSNSが急激に進んだのとおなじく
今回のコロナで変わったポイントの1つはデジタル対応になります。

こちら業界用語でかっこよく言えばDX対応となりますが美容業界における
デジタル対応にはどのようなポイントがあるのでしょうか?

① ポータルサイトでの新規客向け集客
② 採用におけるリクルートサイトの運営
③ スタイリストやエスティシャンによるホームケア動画
④ YOUTUBEなどの動画サイトへの動画アップ。。。。

これら旧態依然のものもあれば新しく大きなポイントも存在しますが
一番とらえておかないといけないのは
エンドユーザーが情報検索するカルチャーをもってしまったことが
一番のポイントでこれまで一種のアレルギー反応をしていた方ですら
デジタル体験をしたことによりある意味便利な方向性をしってしまったことにより生活スタイルが変わってきています。

調べるもの=インターネットから
より吟味するもの、安心したい情報収集としてデジタルが該当してきています。
これらを踏まえて実践していただきたいポイントは下記の通りです。
□ ポータルサイトの運営を週当たりできちんとおこなっている
  (ブログの更新や稼働状況でのクーポンの更新等)
□ 口コミサイト(グーグルマイビジネス)の運営、口コミ返信、
  写真投稿など
□ LINEなどお客様と常時接続できる仕組みを設け顧客ランクや施術内容での
  発信の出し分け等
□ 動画コンテンツによる顧客育成
  などになります。

その際に大事なことはそれぞれの取り組み自体は手段であり目的ではないこと
特にYOUTUBEなどではとりあえず現場が取り組んでいるだけで
まったくプラスに働いていない残念なサロンを多く見受けられます。。

残念なサロンの一番の特徴は
ゴールが見えていないことなり
ぜひ同じく取り組みを検討されているサロンは
お客様にどういった行動をとっていただきたいか、
カスタマージャニーとよばれるお客様の理想の行動パターンを
しっかりと計画して取り組みを行っていただければと思います。
もしこのデジタル等のことでご相談がある方はぜひ
無料経営相談よりお問合せいただければと思います。

 



ありがとうございました。

著者情報

  • 日坂 大起

    ビューティグループ グループマネージャー

    2014年関西学院大学社会学部を卒業後、船井総合研究所に入社。 入社後はファッションビジネス関連のコンサルティングに従事しEC立ち上げ・活性化・商品開発や在庫分析など小売業全体のコンサルティングに従事。
    2016年より船井総研史上最年少でチームリーダーに昇格。3年間チームリーダーに従事し
    2019年からビューティビジネス全体の統括するグループマネージャーに最年少で就任し、
    ファッション領域だけでなく美容室・エステなどビューティビジネスへのコンサルティンググループを率いている。
    現在では美容室・エステ分野でのデジタルマーケティングやDXコンサルティングなどを得意としておりこの領域に関しては
    美容クリニック、コスメなどそのほか領域でも多くの成功事例をもっている。   もっと見る