×閉じる

×閉じる

2017年7月12日 富成 将矢

コンサルタントコラム [#マネジメント]

美容室の評価制度で抑えておくべき4つの基本

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室経営コンサルタントの富成です。

 

本日は「美容室の評価制度で抑えておくべき4つの基本」についてです。

美容室の評価制度というと、売上や指名客数に対して歩合が付いているパターンが多いですが

この時代においては全く合わなくなってきています。(業務委託系は除く)

 

まず大前提として、評価制度は「自社の方向性に連動している」必要があります。

いうなれば、評価制度は「こういう人を評価します」という会社からのメッセージです。

 

本日は評価制度を作る上で抑えておきたい基本の4ポイントをお伝えします。

①メッセージ
評価項目を通じて、会社の方針、望まれる人物像を伝えていく
給与、手当ての意味づけを明確にし、なぜこの給与をもらっているのかを理解させる
情報公開、理念の共有を積極的に行う

 

②オープン
評価項目、評価基準を公開し、自分がどんな行動をすれば評価されるか、どれだけ
業績をあげれば、賞与をもらえるかといった目標設定ができるようにする。

 

③シンプル
基準が明確なことをシンプルと考える
賞与、昇給決定時の不明確な現状を改める。

 

④安定と緊張
制度の中で、安心感と緊張感のメリハリを出す
昇給、昇格と同様に、降格も制度に織り込む
月給の基本給は生活給として原則維持し、賞与は業績と成果によって大きく変わる

 

ぜひこのポイントを抑えて評価制度を作ってみてください。

 

美容室経営・美容室リピートのことでもう少し聞きたいという方は船井総研 富成まで↓

m-tominari@funaisoken.co.jp

著者情報

  • 富成 将矢

    ヘアエステチーム チームリーダー チーフ経営コンサルタント

    立命館大学卒業後、船井総合研究所入社。主に美容室の業績アップを得意としており、美容室の新規開業から、50店舗以上展開する美容室まで、規模に応じた経営戦略を組み立てながら、業績アップに必要なものを的確に提案するスタイルが経営者から高く評価されている。業界内有名美容室もクライアントに多数抱え、毎月全国で100店舗以上の美容室の経営サポートをしている実力のあるコンサルタント。日本各地にクライアントを持ち、今日も全国を駆け巡っている。   もっと見る